臓器移植に反対します

 私達の身体には霊と魂がいます。身体が死んでしまえば寿命(一般的に800年〜1000年)まで何回でも「あの世」に戻らなければならない「霊」と消 滅してしまう「魂」が共同して身体を動かしています。

 霊の立場に立つと、生きている今の状況を激変させることはほとんど無理なので、「次に生まれ変わった時に今よりも良い環境で生きるため」に「どのよう に死ぬか」が大切になり、これをサポートするのが宗教なのです。
(一般的な宗教は生きている時の幸せよりも、死んだ時が幸せかどうかが大切なのです)

魂の立場では、魂は死ねば消滅しますので、出来るだけ楽に、苦労しないで生活することを望みます。

 これらのことにより、霊と魂のどちらが強いのかにより・・・・
霊が魂より強い場合は「宗教」に強い関心を示し、魂が霊より強い場合は「宗教なんて」と無神論者的になります。

 よって、宗教が必要か、不必要なのかは霊か魂かどちらが強いのかという立場により変わるものなので、同列に論議するのは意味の無いことです。しかしな がら、霊と魂の事が理解出来たなら、宗教の必要性が認識されるでしょう。また、偶然たまたま起こった事だと思っていた事柄が、必然的に起こっていたという ことも理解できるようになると思います。

臓器移植に反対します

 生まれ出る身体は全て正常なものばかりではありません。身体に障害を持って生まれてくる場合もあります。
 その場合は普通の子供の時に比べて、同じレベルの霊はほとんど立候補してくれませんが障害を持って生まれる子供については例外措置があります。
 それは障害があると生まれ出る前から霊はわかっていて生まれ出た後、自分の障害について一切文句を言わなかった場合、あの世に戻ればすぐに普通の身体に乗っ てこの世に戻って来られるとのことです。
 障害を持ちながら文句を言わずにあの世に戻れば、神々様も喜んで、運命階段のランクを大幅に上げてくれます。(両親に「お前たちのせいで私はこんな身体で生 まれてきた。責任を取れ」のような文句を言う場合は、あの世に戻った時にはランクがすごく下がるとのことです。)

 また障害の程度は寿命に関係する問題が重要な場合があります。たとえば心臓などに問題があり、長く生きられないような障害を持っている場合は、霊にとっては すぐに戻ってこられる(若くして死ぬこと)ので短期間で運命階段のランクを上げる絶好の機会だと喜んで乗り込む場合もあります。
 このような時に医療関係者や肉親などが死なれたら困るからと移植手術をすると、本当はややこしいことになります。

まどかでは移植手術に、反対をしております。

まどかのみおや様は・・・・
 人には持って生まれた寿命も運命もあります。
生きていることは尊いことですが、どんな生き方をするかは、その人が生まれる前に決まっています。
 霊と魂が出会った時に身体に不都合のある人も、その人生は頑張って生き、死んだら早く又次の人生をもらえる努力をし、戻してもらうという約束のもとでこ の世に生きているのです。
 身内としたら何としてもこの生命を助けたいという思いは当たり前ですし、医者は移植を勧めますが、それはこの世の掟に背いています。
 植物人間になっても生きることがその人の務めであり、その人を助けるのは「もう死んでいる」といって、内臓を取り出すのではなく、その人が早くあの世に 行けるように先祖にお願いして行かせてあげることです。
この世の仕組みを知らずして手を出してはいけません。
 又、移植しか方法がない子をこの世に連れて来ないため、親はどうするべきか考えるべきですね。
死んだ人の臓器をもらうというのは、死んだ人の因縁をもらうという事になりますよ。
Home